#ひとごとじゃない

子育てのいろいろ

連日目にする、辛い虐待のニュース

目黒区で起きた5歳の女の子虐待死のニュース。
女の子が遺したメモを見るのが本当に辛い。

 

虐待は絶対にあってはならないことだし、
ニュースのコメント欄にも親への批判が殺到している。

 

だけど、こういうニュースを目にする度に、
私は虐待する親がどんな気持ちでいたのか?気になってしまいます。

 

毎日叱ってばかりの私と息子に言われた言葉

「ママ、もう怒るのやめてよ!」
昨日、息子が私に言った言葉です。

息子はあの女の子と同じ5歳です。

 

やんちゃ盛りだし、
いたずらばっかりで、
言う事なんて全然聞かないし、

食事の食べ方、椅子の座り方、寝る時間、着替え、出掛ける準備、
毎日毎日同じ事を言っているのに、
できません。

 

ガミガミ言ってばかりだと自分でも思うけれど、
社会に出て困るのは息子だから、と注意してばかり。

疲れているときにギャーギャー騒ぐ子どもたちに向かって、
「うるさいっ!」
と感情的に言ってしまうこともあるし、

 

子育てをしている中で、
今すぐ家を飛び出したい!!と思うほど、
腹が立つことなんてしょっちゅうあるのです。

 

虐待する可能性があるかもしれないという不安

大大大前提としてあえて言いますが、
子どもたちのことは大好きだし、
この世で一番大切な存在です。

 

それでも!

そういう感情になることはあるんです。
実際に子育てをして、それを知ったのです。

 

だから、虐待する親と私との違いなんて、
もしかしたらほんの些細なもので、
いつ自分が子どもを虐待してしまう側になってもおかしくないかもしれないと、
怖い気持ちがいつもどこかにあるような気がします。

 

愛情がないから虐待するの?心に響いた犬山紙子さんの言葉

BuzzfeedNews記事中の犬山紙子さんの言葉でこんなものがありました。

どうして親は虐待してしまったのか、そうならないようにどうすればいいのか、多くの人たちが正しい理解と想像力をもち、考えられるようになればと思います。

だって、結愛ちゃんの名前って、どう考えても愛情しかない名前ですよね。この子に幸せになってほしいと願って産んだはずなんです。

この一文を読んで涙がでました。

 

虐待した親を擁護することはできないけれど、
私もあの女の子の名前には親の愛情があったと思うんです。

 

だから、虐待はどうしたらなくすことができるのか。

 

私自身が、

夫や両親やママ友や保育園など、
いつも誰かの支えのおかげで子育てできているように、

ほんの少しの誰かの優しさや、

気付きや行動で救える命があるはずだと私も思い、
この記事を書きました。

 

私自身も自分には何もできないと無力感に苛まれるよりも、
できることをしようと思います。

コメント