SNSで活躍しているママ2人に聞いた、私たちが発信すべき理由

わたしのひとりごと

先日、メルカリさんのママ座談会がきっかけで出会った、

まいこんぶ@コミュ力おばけ(@maiponp)さん
インスタグラマーayakouchi(@fuuak)さん

とランチをご一緒してきました。

 

SNSでたくさんのフォロワーさんがいて活動につなげている2人に話を聞く中で、

今の世の中では誰もがインターネットで発信するべき!と改めて感じることに。

聞いてきた話とともにその理由を書きます。

 

お会いしたSNSで活躍する子育て中のママ2人

まいこんぶさん

はあちゅうサロン初期中心メンバーとして活躍。
(現在はOGとして関わっているそう。詳細はまいこんぶさんnoteへ)

イベント運営、広報、カメラマン、ライターなど活動は多岐に渡っている中、
突出しているのが、圧倒的コミュ力(コミュニケーション能力)!!!

 

さりげない気遣いやおもしろトーク、絶妙な相槌など、
初めて会ってもただ者じゃないとわかるムードメーカー。

 

ゆうこすちゃんのサロンでもイベントのモデレーターを務めたりと、人前に立つ天才であるにも関わらず、副業禁止の企業に勤めているため活動をセーブしているのだそう。
(Oh!!)
※はあちゅうさん、ゆうこすちゃんはインフルエンサーと呼ばれるネットの超有名人。

 

ayakouchiさん

2700人のフォロワー数を誇るインスタグラマーさん。

趣味のキャンプやハンドメイド、ファッションに至るまで、
ズバ抜けたセンスでオシャレな世界観を写真と文章で表現。

 

インスタをきっかけに、
編集ライター、PR、ワークショップ開催などの仕事につなげていて、

近頃では雑誌サンキュ!の公式インスタグラマーにも就任。
クリエイティブな才能を活かしたフリーランスとして活躍中。

 

まだ産後2ヶ月にも関わらずアグレッシブに活動しすぎて、
風邪をこじらせながらも今回のランチ会に参加w

 

2人がSNSで発信するようになったきっかけ

まいこんぶさんは昨年体調を崩して在宅ワークに興味を持ち始めたのがきっかけ。

その頃にゆうこすちゃんの著書「SNSで夢を叶える」を読んで、発信に力を入れるようになったとのこと。

私も読んだことのあるその本はコチラ↓

 

ayakouchiさんは元々インスタで好きなものをアップしていたら段々フォロワーさんが増えて、上記の色々な活動につながっていったのだそう。

 

私たちがSNSで発信するべき理由

SNS発信することで自分の能力に気付く

まいこんぶさんはコミュ力。
ayakouchiさんはセンス。

それぞれ、自分の突出した才能を活かして発信しています。

 

まいこんぶさんは普段からコミュ力を意識したことがなく、
SNSを通じてたくさんの人と関わる中で「コミュ力高い!」と言われるようになってその能力が高いのかも??と気付いたそう。

 

ayakouchiさんもインスタに写真をアップしてフォロワーさんが増えるようになって初めて仕事にできるかも!?と気付いたそうです。
(以前はクリエイティブ系の仕事ではなく、なんとメガバンクで仕事をしていた!)

 

自分の突出している能力には自分ではなかなか気がつかないもの。

でも、SNSで発信することで他の人にその能力を見つけてもらい、気が付く可能性が高くなるのです。

 

SNS発信はブランディングや収益化に繋がる

フォロワーさんが多いお2人は、SNSでの発信が既にブランディングや収益化に繋がっています

必ずしもそういったことを目的としているわけではないようですが、

2人の話を聞いていると、世界観の表現や、コミュニティでの活躍などの好きなこと・得意なことを仕事にできるということを体現しつつあるのだな〜と実感したのです。

 

SNSでの発信は人生を豊かにする!

2人とも子育て中のママですが、かなりアグレッシブ!!
イベントなどの人が集まる場にもたくさん訪れているようです。

そして、話をしている最中にもメモをしたり、すぐにアプリを入れたりと、
情報交換をしながら即行動に移しているのが印象的でした。

 

noteCHIPといったプラットホームの登場でますます個が活躍しやすくなっている時代。
活動量を増やすことでさらにその勢いは加速していきます。

ランチ会のツイートをしてくれたまいこんぶさん♡

 

私自身もブログを通してこうして新しい出会いや経験のチャンスを次々と得ているので、

発信することは人生を豊かにすることにもつながると確信しています。

アウトプットする場を持つことで、ものごとに対する意識は確実に変わりました。
今は発信しない理由の方が見つからない!

すべての人に発信をおすすめしたいです。

コメント